FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
メイプルストーリー登録




→メイプルストーリー登録
スポンサーサイト
10/04|未分類コメント(4)TOP↑
メイプルアイランド (Maple Island)

キノコ村 (Mushroom Town) - キャラクター作成直後に訪れるチュートリ

アルの村。2006年11月29日のアップデートで冒険者講習所が追加され、操作ムービー等を見ることができるようになった。そこを出ると農村系マップになる。mobは練習用とデンデン系などの弱レベルのmobのみ。
サウスペリ (Southperry) - リス港口へ移動できる街。一度リスへ移動すると戻れない。キノコ村で幽霊になるとこの町へと強制送還される。サウスペリに関しては町のみなので、特定のmobは出現しない。

アムホスト (Amherst) - 周囲に練習用マップが点在する街。mobはデンデン系やキノコ系で、メイプルアイランドに出現する全モンスターがみられる。



ビクトリアアイランド (Victoria)
リス港口 (Lith Harbor) - ゲームイベントが行われる街。海岸系のマップで、mobはメイプルアイランドとほぼ同じ。
ペリオン (Perion) - 戦士に転職する街。岩山系マップでmobは樹木系や猪系。奥地では恐竜系も出現する。2006年7月26日のアップデートでシャレニアン関連のマップが追加され、大幅にアンデッド系が追加された。
エリニア (Ellinia) - 魔法使いに転職する街。森林系マップで、mobはキノコ系や猿系。奥地では魔女も出現する。また、オシリア大陸のオルビスへ向かう船が出ている。
ヘネシス (Henesys) - 弓使いに転職する街。平原系マップで、mobはリス周辺に加えて豚系やキノコ系。奥地では石の怪物(ゴーレム)も出現する。また、初心者向けとして他のマップよりも狩り易くなっている。
カニングシティー (Kerning City) - 盗賊に転職する街。建築街系マップで、mobはリス周辺に加えて樹木系やキノコ系。地下鉄もあり、そこには幽霊系mobが登場する。
スリーピーウッド (Sleepywood) - 島中央に位置するダンジョンの街。洞窟系マップで、mobはキノコ系アイ系からさらに強敵まで様々。
フロリナビーチ (Florina Beach) - リス港口などから移動する、常夏の海岸の村。砂浜系のマップで、mobは蟹系や亀。



オシリア (Ossyria)
オルビス (Orbis) - 空に浮かぶ神殿とギルドの街。雲系マップで、mobは幻獣系や魔法お化け系。また、ビクトリアアイランドのエリニアとオシリア大陸のルディブリアム・リプレへの船が出ている、さらに武陵行きのタクシーがある。
エルナス (El Nath) - 雪山の中にある3次転職の街。雪山系マップで、mobは雪男系や狼系。奥地にいくと火山系マップに変わり、mobはゾンビ系や遺跡系。
アクアロード (Aqua Road) - オルビス塔地下からつながる海底・海中のマップ。mobも魚介類系。2005年12月追加
ルディブリアム (Ludibrium) - おもちゃの城がある街。おもちゃのマップで、mobはロボット系、時計系や幽霊系。さらに奥にいくと時計の化け物系やお化け系、さらにかなりの強敵などいろいろ。エオス塔にいくとブロック系や鼠蜘蛛系。オルビスへ向かう船がでている。
地球防衛本部 (Omega Sector) - 特撮のような設定や宇宙人の街。特撮系マップで、mobは宇宙人系。
下町 (Korean Folk Town) - アジアの牧歌的雰囲気が漂う街。韓国の童話の村なので通称童話村と呼ばれている。アジアの密林マップで、mobは動物系や鬼系。ヘリオス塔にいくとエオス塔と色違いの鼠。2006年3月追加。
リプレ (Leafre) - ミナル森の中心にある4次転職の街。mobは昆虫系や羊系、龍もいる。また、オルビスへ向かう船が出ている。2006年9月追加。
武陵 (Mu Lung) - 中国の武陵源をイメージしたマップ。mobはカカシや鹿、猿、蛇や小動物系などがいる。また、オルビスへ向かうタクシーが出ている。2007年5月追加。
白草村 (Herb Town) - 武陵の崖下にあるキキョウがある村でmobはキキョウや海賊などがいる。2007年5月追加。
アリアント (Ariant) - 砂漠をイメージしたマップ。mobはサボテン系、蛇など。2007年8月追加。
世界旅行
ジパング (Zipangu)
キノコ神社 (Mushroom Shrine) - カニングシティ上部のNPC及び各街にいる、NPCスピネルによって移動する。富士山の背景や数多くの屋台が出ているマップで、mobは狐狸鴉など。また鴉のマップから移動し奥に行くと手強いモンスターが数多く出てくる。mobはお化け系や天狗、玉蟲姫、河童などもいる。2004年7月追加。
城下町 楓城 天下泰平 (Kaede Castle) - キノコ神社右側のNPCによって移動する。江戸時代のお城をイメージした、日本オリジナルマップ。mobは忍者や殿様などで、討伐することを目的としたmobとしては個体で最強のモンスターが出現する。2007年4月追加。
ショーワ町 (Showa Town) - きのこ神社とつながっている。昭和の日本的マップで、mobはヤクザ系など。2004年12月追加。
中国 (China)
上海ワイタン (Shanghai Wai-Tan) - 各街にいる、NPCスピネルによって移動する、上海マップ。街は都会で、狩場は農地になっている。mobは家畜系。2006年12月追加。
台湾 (Taiwan)
台湾西門町 (Taiwan Ximending) - 各街にいる、NPCスピネルによって移動する、台湾マップ。ビルや道路がある。mobは犬や猿。2006年12月追加。
夜市場 (Night Market) - 台湾マップの奥地にある市場。屋台やビルなどがある。mobはティー系やクレーン機系。2006年12月追加。
タイランド (Thailand)
水上市場 (Floating Market) - 各街にいる、スピネルによって移動する、タイマップ。街は水上市場で、mobは蛙や蛇。2007年2月追加

10/04|未分類コメント(4)TOP↑
「メイプルストーリー」目的
プレイヤーの目的の一つは、狩りを行ったり、クエストをクリアしたりしていくことで経験を積み、PCのレベルを上げていくことである。

2007年10月現在、最終的な目的となるクエストや、クエストをクリアしたことによるエンディングは用意されていないが、最大のmob「ジャクム」にかかわる大型クエストが用意されている。

2006年11月には、「ジャクム」を上回るmob、「ホーンテイル」が登場。「左右の顔」「本体」「手」「翼」「尻尾」「死んだホーンテイル」「ホーンテイルの魂」などのHPの合計は30億を超える。戦闘時間が12時間用意されていることから、「ジャクム」を上回る真のmobであるといえる。

mobとは
敵キャラクター (mob,Movable Object,mobile Object) は、#マップ内に姿を見ることができる状態で存在している。PCはmobと戦って倒すことにより、経験値や資金(メイプルストーリー内での通貨単位は「メル」)、そのmob特有の収集品(アイテムの一種)を得ることが出来る。また、ランダムであるが、これらより価値の高い、装備などのアイテムが得られることもある。ゲーム内では一般的にmobを倒すことを「狩り」と呼び、特定のmobを集中して狩ることを、そのmobの名前を用いて「○○狩り」と呼ぶ。又これらのモンスター名は省略される場合が多い(例:イエティとペペ→イエペペ/ファイアブル→火ブル/アイアンピグ→鉄豚など)。

mobと戦う際は、主に接近し近接武器で攻撃するが、#職業によっては、遠方から飛び道具や魔法を使って攻撃することもできる。mobは基本的にパッシブであり、一度攻撃されたmobは、攻撃したPCを一定時間、またはその場所から離れるまで追いかける。パッシブとは、攻撃されるまで一定パターン、またはランダムで移動しつづけ、PCが接近しても攻撃してこない属性である。一部には攻撃される前から画面内のPCに向かって移動するmobもいる。

前述の通り、ほとんどのmobの攻撃方法はPCと接触することであるが、高レベルのmobや一部のマップの奥に潜む大型mob(主にボスと言われている)には、パッシブ状態が解除された時に特別な行動(魔法・飛び道具・近接武器攻撃)で反撃をするタイプも存在する。また、mobに近づくことで、特別な行動をするタイプもある。
 
10/04|未分類コメント(4)TOP↑
 


今CMで話題のメイプルストーリー
なんといってもコミカルなキャラクターがくりひろげる痛快アクションが魅力!!




メイプルストーリー (MapleStory) は、ネクソンジャパンが運営するMMORPG。 主に「メイプル」、「メイポ(めいぽ)」などと呼ぶことが多い。 クローズドβ、オープンβテスト期間を経て、2003年12月3日に正式運営が開始された。






公式サイトによると、「横スクロールタイプのコミカルアクションRPG」である。通常プレイは無料である(アイテム課金制)。プレイヤーの年齢層は低く、未成年者も多数参加している。








2005年11月の時点で登録者数は80万人以上[1]、2006年1月には100万人以上[2]となった。






1人のプレイヤーが複数の エントリーID(1つのNEXON IDから複数のエントリーIDを作ることも可能)を所持することもでき、そこに1つのワールド(後述)につき3体までのプレイヤーキャラクター(PCとする。通称「キャラ」)を作成できる。


10/04|未分類コメント(4)TOP↑
テイルズウィーバー登録



→RPGテイルズウィーバー登録
10/04|未分類コメント(4)TOP↑
アノマラド[Anomarad](このゲームのスタート国。「冬の剣」では「アノマラード」として登場。首都はケルティカ[Keltica])
クリックするとマップが見れます
4093502548.jpg



レンム[Lemme](首都はエルティボ[Eltivo])
ドゥルネンサ[Durnensa]
トレビゾ[Trevizo](アノマラド領、マキシミンの出身地。「冬の剣」では「トレビジョ」として登場)
レコルダブル[Lekordable](シャドウ&アッシュの本拠地、いくつかの国からなる連邦国家)
トラバチェス[Travaches](ボリスの出身地。首都はロン[Ron])
パルシュ[Parsh(原作表記ではPalshu)]
ルグラン[Ruguran(原作表記ではRugran)]
オルランヌ[Orlanne](イスピンの出身地。首都はオルリ[Orlie])
ガナポリー[Ganapoly](「冬の剣」で魔法王国「カナポリ」として登場)
ハイアカン[Haiacan](レコルダブルに属する)
サンスルリア[Sansruria](首都はサンスルー[sansru])
ペリウィンクル[Periwinkle]
ネニャフル[Nenyafflee(原作表記ではNenyaffle)](アノマラドにある魔法学院)
イカボーン[Ichabone]

ティア[Tia]

10/04|未分類コメント(4)TOP↑
シベリン・ウー(Sivelin Uoo)
3818099455.jpg

12月20日生まれ(射手座) 23歳 O型 男 身長:187cm
5年前の事件で記憶をなくしており、失われた記憶を取り戻す鍵となる人物『黒衣の剣士』を探してナヤトレイと共に旅をしている。名前と姓名は義父が付けたもので、本名は不明。武器は槍や棒などの長柄物をあつかう。ただし、斬り用装備は未だにない。かなりの女たらしでチャプター中に女性NPCと会うと口説きにかかったりするため、相棒のナヤトレイに愛想を着かされることもしばしばある。所属ギルドはシャドウ&アッシュで、「真紅の死神」として名を上げている。魔法は扱えないが、物理攻撃に長けており、火力キャラとして定着している。特に範囲攻撃においては全キャラトップの威力。


ナヤトレイ(Nayatrei)
4124899211.jpg

1月15日生まれ(山羊座) AB型,15歳 女 身長:152cm
苗族(びょうぞく)の唯一の生き残り。シベリンに助けられたために部族の教えにより、シベリンに付き従う。必要なこと以外はあまり話さない。またシベリン以外の人は本来の愛称”ナヤ”を知らず、”レイ”と呼んでいる。忍者のようなスキルが多く、ナヤトレイ自身も身のこなしがとても早い。戦闘スタイルは短剣や短刀、片手斧を用いた二刀流。その為、全キャラクターで唯一通常攻撃が2連続攻撃である。ディレイが短く、ステータスやスキルの選び方によってはディレイが殆どない状態になる。逆にディレイが短くなりすぎてコンボが繋がらなくなることも。一昔前まではPK、火力No.1であったが、アップデートごとにスキルが弱体化していきNo.1の座は転落。ただし2007年2月28日のver.4.04へのアップデートではスキルの一部が強化され、以前ほどではないが強くなった。


イスピン・シャルル(Ispin Charles)
2987937108.jpg

10月6日生まれ(天秤座) 17歳 AB型 女 身長:168cm
シャドウ&アッシュの新入り傭兵。本名は、シャルロット・ビエトリス・ド・オルランヌ(Charlotte Bietris de Orlanne)。オルランヌ公国の王女である。兄であるベルナール・ゾフレ・ド・オルランヌ(Bernard Geoffrey de Orlanne)の死後、オルランヌ公国の王位継承者であったが後継者争いにまきこまれ叔父に刺客を送られ、現在は身分を隠しシャドウ&アッシュの傭兵として生活をしている。相方のマキシミンとは衝突が絶えないが内ではたがいに信頼の心をいだいている。母の形見であるペンダントを持っているが、実はそれがシベリンにとって重要な物らしく、一時期対立した事もあったが和解した。ちなみにボクっ子で、男装しているためか、マキシミンからは「女々しい男」と思われている。装備は細身の片手剣を扱う。他のキャラに比べ、火力は低めだが、優れた自己補助と範囲攻撃で後半に真価をみせる。ごく一部のプレイヤーの間では絶大の人気を博しており、過去に行われたキャラクター人気投票では見事にダントツの1位に輝いたキャラクター。


マキシミン・リフクネ(Maximin Liebkne)
3818098882.jpg

6月7日生まれ(双子座) 17歳 B型 男 身長:178cm
親の影響で権力を嫌うリフクネ家の長男。あるところでルベリエを助けたことからシャドウ&アッシュで探偵として働くことになる。しかし、過去に組んだペアが任務遂行中、原因不明の事故で死亡した為に誰も彼とのペアを組まなくなり、最終的には雑用をやらされる程までに転落した暗い過去を持つ。その影響で大した依頼をさせてもらえない上に、ルベリエに対して借金をしているため報酬の大半を持っていかれている。また、ルベリエ以外にも借金をしており、その被害者は多数存在する。スキルにも毒舌がある程のかなりの毒舌家なため、周りの人間からは嫌われやすい。剣は我流なのだが、彼の場合は剣で敵を切るのではなく、叩き潰すのが正解。ある日、任務の最中に「鞘から抜けない剣」を見つけてこっそり持ち出した事が、彼の運命を大きく変えていく事になる。:ちなみに容姿と設定がとある人物と似ており、ファンの間では度々ネタにされる。



ルシアン・カルツ(Lucian Kaltz)
2753246918.jpg

4月4日生まれ(牡羊座) 17歳 O型 男 身長:176cm
偉大な冒険家として名を残した祖父ラグランジュ・カルツに憧れる純粋な少年。アノマラド有数の商団であるカルツ商団の次期後継者。明るく活発な性格だが、行き当たりばったりな行動が彼をわがままな子供に見せている。「ぼくおしっこ」は、彼の名言の一つ。現在は冒険者になるという夢のため、護衛のボリスと共にアクシピターで見習い騎士をしている。ちなみに屋根裏部屋で発見した[[オカリナ]]を練習しているのだが、あまり上手とは言い難い。すぐ人を信じるが友達思いで友情に熱い面も持つ。扱う武器は片手剣や細剣、長剣。これといった自己補助スキルが無いため後半が辛い(装備などで大体は補える)が、序盤は比較的育てやすい。攻撃速度が速いのも売りの一つで、ディレイを半減できる「ラグランジュ神速剣」やイスピン同様全ての盾が装備可能であり、物理防御を最も高くできる。範囲スキルが豊富であり、スキルの神速剣により育て方次第でクリティカル時にダメージ3倍の技などを連発できる。基本的にバランスのとれたキャラと言える。ルシアンも、マキシミンと同様、とある人物に似ており、ファンの間では度々ネタにされている。ちなみに、他のキャラクターと剣の持ち手が違う。


ボリス・ジンネマン(Boris Jineman)
2695189663.jpg

7月12日生まれ(蟹座) 17歳 A型 男 身長:179cm
ルシアン・カルツの護衛兼友人。7年前に起こった兄の死に疑問を持ち、その謎を解き明かす旅の途中でカルツ商団のドメリン・カルツを助け、ルシアン護衛を条件に商団からの調査支援を受けている。現在はルシアンと共にアクシピターの見習い騎士をしている。兄の遺品でもある強力な魔剣「ウィンタラー(Winterer)」を所持しているが、その力は封印されている。性格はとても無口でありポーカーフェイス。姿も紫の長髪でマントを羽織っており、他のキャラクターとは一線を画している。 尚、『ルーンの子供たち』第一部ウィンタラー編の主人公である。 余談ではあるがイベントで倒れた時の姿が、どう見ても「ワカメ」に見える。
また、ゲーム中の2Dキャラの容姿が女性のように見え、時には他の女性キャラよりも可愛いと言われるので「ボリ子」との愛称で呼ばれていたりもする。


ミラ・ネブラスカ(Mila Nebraska)
3172656844.jpg

12月2日生まれ(射手座) 24歳 B型 女 身長:178cm
海賊”紅い射手”の船長。かなり激しい性格で、酒豪でもある。幼い頃に両親に捨てられた後に祖母に引き取られ、祖母の死後に養父であるジュール・ネブラスカに引き取られた。ある時謎の”青いガレー船”に襲われ、ジュールが殺される。それ以来”青いガレー船”に復讐するため、ナルビクに寄ることになる。しかしその直後、規制によって船が奪われてしまい、その規制解除の為にアクシピターに入団、ティチエルと行動を共にする。ティチエルからはとても好意を寄せられているが、本人は快く思っていない。だがずっと行動を共にしているうちにティチエルに対する意識も変わってきており、何かあるとすぐにティチエルの心配をするなど、お姉さんぶりを発揮する。魔法は一切使えないが、闇器による攻撃を得意とし、装備は鞭と連接棍(フレイル)を使用。特にスキル[カードスプレー]は低ディレイ+高威力+自己補助スキル「気合い(攻撃力1.1倍)]の為、単位時間当たりに敵単体に与えるダメージは全キャラ中最高。また範囲系スキルが多い。タイプは突き型・物理複合型・斬り型とあるが、突き型の装備は物理複合型と同じフレイルである為、純粋な突き用装備は存在しない。


ティチエル・ジュスピアン(Tichiel Juspian)
3819271985.jpg

9月1日生まれ(乙女座) 17歳 O型 女 身長:170cm
エピソード1の8人のプレイヤーキャラの中で唯一の魔法専門キャラ。彼女の父は魔法師組織「黒い予言者」に所属していた大魔法師であるエルベリク・ジュスピアン(Alberike Juspian)。過去に両親が黒い予言者を裏切り脱走、今もなお逃亡生活を続けている。母は逃走中にティチエルの身代わりとなり殺される。その際、自分の命と引き換えにティチエルに強力な保護契約を結び、それ以降ティチエルは「最高の幸運の持ち主」となる。それによって父と二人で世間と隔絶した暮らしを強いられた為、かなりの天然ボケであり、世間の常識には乏しい。前記の通り「最高の幸運」を持ち、その運の良さはミラに4面サイコロ勝負で2連続で勝った事がある(しかも、2回とも一番高い数字である)。初めて町に出たときにほおひげ団に絡まれるものの、ミラに助けられて以来彼女と行動を共にする。HPも防御力も低い為ソロプレイならば序盤は茨の道だが、補助魔法のバリア(物理ダメージ半減)、レジストシールド(魔法ダメージ半減)、ブレス(能力値10%UP)を有しているため、PTプレイには必須のキャラとなりPTさえ組めれば成長は早い。後半は全キャラAGI型(攻撃を避けることを念頭に置いた型、防御力はさして必要ない)が主流になる為、防御力の低さはネックにならず、前述の補助魔法+魔法攻撃(モンスターは全体的に魔法防御が低い)が生きてくる。PKにおいても補助+遠距離攻撃+高命中の攻撃スキル、etc・・・マキシミンと渡り合える数少ないキャラクター。特にここ最近、魔法攻撃装備の充実が見られますます強化されていること、ティチエル無しではチャプターが攻略不可能で存在が必須なことから、TWを「ティチエル・ウィーバー」と呼ぶ声も聞こえる。 しかし、7月26日のアップデートで公平狩りが困難になったことから、ティチエルが優遇されている状況は緩和された。と思われていたが、MOBからのレアアイテムドロップ権利のルールが与えたダメージの合計になったことで、火力が高めのティチエルが有利になった。なので今ではある意味アップデート前より贔屓されているキャラクターとも言える。



ジョシュア・フォン・アルニム(Josua von Arnim)
2月28日生まれ(魚座) 18歳 B型 男 身長:182cm
原作「ルーンの子供たち」第二部「デモニック」の主人公として登場。ゲーム中のアイテム「中折れ帽」などの装備品の詳細に装備可能キャラクターとしてその名前が登場している。マキシミンの幼馴染となっている。

2007年2月28にエピソード2チャプター0が始まったと同時に実像化された。 なお、このキャラでゲームを始めた場合、エピソード1はプレイできずエピソード2からになる。 エピソード1のチャプターをクリアする必要のあるクエストについては、現在受けれないようである。 スタイルは「強化型」(接近攻撃タイプ)「変化型」(自分強化タイプ)「放出型」(遠距離魔法タイプ)に分けられている。



クロエ・ダ・フォンティナ(Cloe da Pontina)
3918716341.jpg

11月11日生まれ(蠍座) 17歳 A型 女 身長:165cm
「冬の剣」に登場。有力貴族フォンティナ家の令嬢。 2007年7月26日に実像化された。 魔法を主体とするキャラクターだが、同じく魔法を使うティチエルとは違いそのスキルのほとんどが攻撃用に偏向している。 また、キャラクター作成時に選択するタイプも全て魔法系であることもティチエルと違っている点である。

2007年7月現在で実装されている装備品は全て他キャラクターも装備可能なもので、クロエ専用の装備は存在せず、特に武器は魔杖のみとなっている。

ステータスのDEFの値が上昇させにくいため、他キャラクターに比べて序盤での戦闘に苦労するとされているが、ダメージをMPで肩代わりするスキル等の特徴的な部分もあり、専用装備・スキルの追加等を控えた現状では、その能力は未知数といえる。

チャプター内での性格付けは、貴族令嬢として非常に高慢で冷徹な発言をするものの、その内心では自分を取り巻く世界に複雑な思いを抱く等、単なる「お嬢様」的なイメージに囚われないものとなっている。



→RPGテイルズウィーバー登録
10/04|未分類コメント(5)TOP↑
テイルズウィーバーの特徴
テイルズウィーバーは2D斜め上視点を採用している。そのため3Dポリゴンを用いたMMORPGに比べ要求スペックが若干低くなるため快適にプレイすることが出来る。


グラフィック
背景オブジェクトは半3Dの温かみのある描写で、キャラクターは2D(ドット絵)で細部まで細かい描写がなされている。そのかわいらしさから女性ファンも多い と紹介されたりするせいか、年数を重ねるたびにかわいさを追求しているようなところもある。


原作の存在
韓国の作家ジョン・ミンヒ作の『ルーンの子供たち CHILDREN OF THE RUNE』がこの作品の原作である。日本でも2006年に、日本語訳版『ルーンの子供たち』の第1部『冬の剣 WINTERER』が、第1巻『冬の剣』、第2巻『冬の剣 消えることのない血』、第3巻『冬の剣 夜明けを選べ』の全3巻の構成で宙出版から発売されている。韓国では第2部『デモニック DEMONIC』が全8巻で発売されている。

原作小説『ルーンの子供たち』を元にしたアバターサービスゲーム『4LEAF』が韓国で人気を博し、さらにゲームとして発展させたものとしてMMORPG『テイルズウィーバー』が作られた。






10/04|未分類コメント(4)TOP↑
ランキング
カテゴリー
フリーエリア
リンク
逆アクセスランキング
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。